©2019 by 山田龍太珈琲

  • Facebook
検索

アウトドア珈琲 Vol. 16

若狭国小浜藩の小浜城。その天守閣跡で珈琲を淹れる。


高く積まれた石垣で作られた天守閣の跡地まで登ると、小浜の町が広く一望できるんだ。青い小浜湾は住宅を挟んで目の前百メートルほど離れた場所にあり、湾全体が見渡せる。北川と南川は真下に、小浜漁港は三百メートルほど離れた場所に。


ここって埼玉県にある観光スポット、もと城下町の小江戸川越に繋がりのある場所なんだよね。そのむかし江戸時代の初期、武蔵国川越藩の酒井忠勝が国替えで若狭国小浜藩にやってきた。その時完成させたのが小浜城。小浜城のある雲浜地区では、祭りになると雲浜獅子という獅子舞が一番町により踊られるのだけれど、その獅子舞は酒井忠勝が川越から持ってきたんだ。今では川越市と小浜市はその繋がりで姉妹都市になり、お互いに祭りのときには獅子舞訪問をすることもある。





0